引越しの相場と料金見積もりをトコトン安くするコツ

かなちゃん
引越しの料金って、だいたいどこも同じじゃないんですか?
ゆうとさん
実は、引越し業者によって違うものなんです。また、ちょっとしたコツで料金が変わってくるんですよ!」
かなちゃん
ただ引越し業者にやみくもに頼むのではなく、ちょっとしたポイントを押さえれば安くなるってことですか?
ゆうとさん
そういうことです!今回は、引越しにかかる費用の相場と、見積もりをトコトン安くするコツについてご紹介します

引越しの相場ってどれくらい?

まず、引越しをする前に、費用の相場について知っておく必要があります。普通に依頼した場合は、平均でどれくらいかかるのか…引越し料金の目安をご紹介します。

単身引越しの場合

一般的な引越し業者の「単身パック」、単身引越しの際にかかる費用の相場は以下のとおりです。

単身
(荷物が少ない)
単身
(荷物が多い)
一般の相場料金約64,000円約83,000円
通常期(5~2月)の料金相場約27,000円約33,000円
繁忙期(3~4月)の料金相場約34,000円約50,000円
~15km未満
(同市区町村程度)
約20,000円約25,800円
~50km未満
(同都道府県程度)
約21,600円約30,000円

単身引越しの平均としては、60,000円~80,000円といったところですが、距離や時期によっても大きく料金が異なります。

近距離であれば、荷物が少ない場合、約20,000円と意外と安く引越しできるということがわかります。ただ、繁忙期で荷物の多い場合は、50,000円もかかってしまうので、荷物の量も料金を安くするうえで重要なポイントになりそうです。

家族引越しの場合

家族引越しの場合、3人家族・4人家族・5人家族それぞれの相場は以下のとおりです。

3人家族4人家族5人家族
一般の相場料金約75,000円約80,000円約90,000円
近距離・通常期(5~2月)の料金相場
~50km未満
約74,000~80,000円約75,000~100,000円約80,000円
近距離・繁忙期(3~4月)の料金相場
~50km未満
約100,000~118,000円約110,000~160,000円約120,000円
長距離・通常期の料金相場
500km未満
約100,000~160,000円約100,000~175,000円約100,000~200,000円
長距離・通常期の料金相場
500km以上
約235,000円約240,000円約260,000円
長距離・繁忙期の料金相場
500km未満
約190,000~260,000円約225,000~270,000円約300,000円
長距離・繁忙期の料金相場
500km以上
約320,000円約350,000円約360,000円

家族引越しの相場としては、平均70,000~90,000円です。ただし、これも距離によってかなり金額に差が出てしまいます。

繁忙期、長距離で500km以上の距離だと、4人家族で約350,000円にもなってしまいます。距離に関しては仕方ないので、できるだけ繁忙期を避けて、荷物の整理をしておくと安く済ませることができそうですね

引越しの料金見積りを取る方法

かなちゃん
引越ししようと考えたときに、見積もりを出してもらうと思うのですが、どのような方法がありますか?
ゆうとさん
引越し料金の見積もりを取る方法として、引越し業者に自分で依頼する方法と、引越し業者比較サイトなどを使って一括で見積りを依頼する方法があります。2つの方法について詳しく説明していきますね!

引越し業者に自分で見積りを依頼する

引越しの見積もりを出す際、引越し業者に自分で連絡して見積りをお願いする方法があります。

例えば、大手引越し業者のホームページを見てみると、トップページに「見積り依頼はこちら」というようなボタンがあるので、そこから入って必要事項を入力すると見積りを依頼することができます。

また、引越し業者の電話番号に直接電話をかけて見積りを依頼する方法もあります

引越し業者比較サイトなどで一括見積りを出す

お気に入りの引越し業者があり、そこに依頼することが決まっている場合は1社に依頼する方法でもいいのですが、複数の引越し業者に見積もりを依頼する場合は、1社1社ホームページを探して入力して、見積もりをお願いするというのは大変です。

そこで、便利なのが「引越し業者比較サイト」です。引越し業者比較サイトは、数十社~数百社とたくさんの引越し業者と提携しているところが多く、それらの引越し業者から一度に比較ことができるのです

サイトによって、提携している引越し業者の数も種類も異なりますので、依頼したいと考えている引越し業者があるかどうかチェックしてみましょう。

引越し業者比較サイトには、必ず「一括見積りサービス」と呼ばれるものがあります。

一度に複数の引越し業者を選択し、まとめて見積りを出してもらうことができるサービスで、これを利用すると、1社ずつ依頼しなくても済むため大変便利です。

また、引越し業者比較サイトの中には、概算見積り額まで表示されるところがあるので、そういうサイトを利用すれば、引越しの際にかかるだいたいの金額までわかってしまいます。

引越しの見積もりを依頼するなら、引越し業者比較サイトを利用するのが賢明です。

引越し業者比較サイトランキング!

引越し業者比較サイトの人気ランキングはこちら!

業者名オススメ度おすすめポイント提携引越し
業者の数
割引率
第1位
★★★★★電話番号の入力をせずに見積りが出せる約70社最大50%
第2位
★★★★☆赤帽の料金も比較できる唯一の引越し業者比較サイト約130社最大50%
第3位
★★★☆☆約300社の中から見積りが出せる約300社最大50%

一番のおすすめは「SUUMO 引越し」という引越し業者比較サイトです。表を見る限り、提携引越し業者の数は少ないですが、最大のポイントは「電話番号の入力をせずに見積りが出せる」というところです。

引越し業者比較サイトは、そのほとんどが電話番号の登録が必須になっています。電話番号を入力すると、引越し業者から、見積もりに関する電話がバンバンかかってきてしまうのです。

見積りを依頼するので当然といえば当然なのですが、「ちょっと料金を知りたい」というだけの方にとっては、鬼電地獄になってしまいます。その点、「SUUMO 引越し」はメールアドレスのみでOKなので、概算見積りはメールで送られてきます。

だいたいの金額が知りたい、また概算見積りを見てから数社に絞りたい…と考えている方には最適な比較サイトなのです。

「引越し侍」は業界トップの約300社の引越し業者の中から選ぶことができるのがウリです。

また、「LIFULL 引越し」は単身、短距離の引越しでお得な「赤帽」の料金も比較できる唯一の引越し業者比較サイトなので、ご希望に応じて利用してみてください。

見積りを依頼する際に用意しておくもの

見積りを依頼する際は、あらかじめデータとして次のような項目を確認しておくとスムーズです。

見積り前に確認しておくこと
  • 引越しの日にち
  • 引越しする場所(今の家との距離など)
  • 引越しする家族の人数
  • 引越し先に持っていく家具・家電の種類と数
  • 付帯サービスの有無

引越し業者比較サイトで一括見積りサービスを利用する前に、以上のような項目を事前に書き出しておくと、入力の際に手間取ることがなく、時短になります。

引っ越す日は、はっきりと決まっていなくても「○月に引っ越す」という風に、月だけでもわかっていればOKです。

というのも、引越しは時期によって料金が変わるため、何月に引越しをするかというのは非常に重要なポイントになるのです。

また、引越しする場所が今の家からどれくらい離れているのか、だいたいの距離も把握しておきましょう。
距離は、遠ければ遠いほど引越し料金が高くなります。

引越しする家族の人数も、大事です。
人数が増えればその分荷物も多くなりますので、伝えなければならないポイントとして覚えておきましょう。

引越し先に持っていく家具や家電の種類と数は、一括見積りサービスで見積りを依頼する際、入力する欄がありますので見落とさないように慎重に入力していきましょう。

最後に、付帯サービスの有無も入力する欄がありますので、あらかじめ内容を確認しておきましょう。

付帯サービスというのは、

  • 荷造り/梱包
  • 家具梱包
  • 荷解き
  • 家具の配置
  • 立ち寄り
  • 不用品の処分
  • ペットの輸送

このような項目になります。荷造りや梱包、家具の梱包、荷解きまで引越し業者にお願いするのであればチェックを入れましょう。

家具の配置は、自分では動かすことが難しいような大きな家具を、引越しの際にあらかじめ決めておいた場所に設置してもらうなら、この項目にもチェックが必要です。

立ち寄りというのは、引越し先に向かう際、どこかの家や場所に立ち寄る場合に伝えておかなければならない項目です。

不用品の処分も依頼できる引越し業者があるので、お願いするときはチェックしておきましょう。

また、ペットがいて、輸送が必要なときも引越し業者に伝える必要があります。

一括見積りサービスである程度の必要事項がわかっていると、引越し業者の方も話が進めやすいので、きちんと把握しておくとスムーズに見積りを依頼することができますよ

引越し料金を安くするコツ

かなちゃん
引越し業者1つ1つに見積もりを依頼するよりも、まとめて依頼できる方が楽ね!あと、引越し料金を安くするコツみたいなものってありますか?
ゆうとさん
引越し業者比較サイトで一括見積りを出すとどんなメリットがあるのか、またほかに引越し料金を安くするコツをいくつかご紹介していきます

相見積もりを出して料金を比較する

まずは、引越し業者比較サイトで、一括見積りサービスを利用して複数の引越し業者から見積りを出しましょう。

一括見積りを依頼すると、早い業者では即日、遅くても3日くらいで概算見積り額についての返事が電話かメールできます。

複数の引越し業者のだいたいの見積り額がわかったところで、今度は本格的な交渉に入りましょう。一番安かったところ、サービスがよさそうなところなど色々な点で比較して、もう少し安くならないか値切ってみるのもいいですね。

とにかく、相見積もりを出して、料金を比較し、できるだけ安くなるようにお願いしてみるというのは引越し料金を安くする最大のコツといえます

相見積もりを取るときは、引越し業者に「ほかの引越し業者と比較している」ということを正直に伝えるのもおすすめです。

そうして、自宅まで見積りに来てもらう場合は、同じ日に時間をずらして見に来てもらうようにしましょう。その日の最後に引越し業者の料金・スタッフの対応・サービスの内容など総合的に判断して、一番良いところにオファーを出すようにするのがベストです。

引越し料金が安い時期を選ぶ

引越しは時期によって料金が大きく変わります。引越しする場所はある程度決まってしまうので仕方ないですが、時期がもし決められるのであれば、「繁忙期」と呼ばれる時期を避けて引っ越すと安くなることがあります

引越しにおける繁忙期は、3月・4月です。ご存知のとおり、3月、4月は卒業、入学、転職、転勤、退職、入社などで引越しする人が多い時期なのです。

この時期は、引越し業者も大忙しなので、料金を安くするのが難しいだけでなく、予約も取りにくいといったデメリットがあります。

反対にこの時期を避ければ安くなりますので、3月に引っ越したい方は2月に、4月に引っ越したい方は5月にずらすだけでもだいぶ料金が変わってきます。もし、ずらすことができるなら繁忙期は避けて通常期に引越しをするようにしましょう。

不用品を前もって処分し荷物を減らす

先ほど、付帯サービスのところに「不用品の処分」という項目がありましたが、実は引越し業者でも不用品の買い取りや処分を行っているところがあるのです。

しかし、引越し業者によっては有料で処分を請け負っているところもあり、余分な費用がかかってしまう恐れがあります。

また、「購入から5年以上の家電は買い取りの対象外」など、処分(買い取り)する品物にさまざまな制約を設けているところもあるため、不用品に関しては前もって自分で処分しておいた方が余分な費用がかからなくて済みそうです

ダンボールを自分で調達する

引越しの際に、引越し業者からもらえるダンボールの数には限りがあります。大手引越し業者では、上限を50枚に設定しているところが多いようです。

荷物の量にもよりますが、4人家族で荷物が多めのご家庭だと50~80枚ほどのダンボールが必要だと予想されます。つまり、30枚近く足りなくなる恐れがある…ということです。

もし、追加でダンボールをもらうことになった場合は、1枚ずつ購入しなければならないのです。

ちなみに、アート引越センターでは、1枚当たりSサイズが200円、Mサイズが300円です。10枚、20枚と追加していくとそれなりの金額になってしまいますね。

実は、裏ワザとして、ダンボールを自分で調達するという方法があります。ダンボールを引越し業者からもらわないかわりに、その分値引きしてもらうという方法です。

ダンボールを自分で購入、またはホームセンターなどから調達してくることで、引越し料金を少し安くできるかもしれないのです

ダンボールを購入する際は、できるだけ安いものを選ぶようにしましょう。引越し業者で購入する金額よりも安いものだと節約できますね。

しかし、引越しのダンボールは強度に気をつけなければなりません。使い古したようなダンボールは弱っているので、荷物を入れたときに壊れてしまう可能性があるのです。

引越し業者の方に迷惑をかけないように、自分で購入、または調達する際は、できるだけ安くて丈夫なダンボールを選ぶようにしましょう。

安くなるプランを利用する

引越し業者には、時間帯などによって安くなるプランを設けているところがあります。

例えば、「フリー便」といって時間帯を決めないプランでは、引越し業者が忙しくない時間を利用して引越しできるため、通常のプランよりも安くなります。

また、「帰り便」といって、午前中の引越しが済んだトラックを利用して行う引越しプランもあります。これは、一度引越し作業をしたトラックが、帰り道に寄って次の引っ越し作業をするため、引越し業者としては無駄がなく、効率よく作業できることから安くなります。

このように、時間帯を決めない、あるいは暇な時間帯を利用するプランを選ぶことで引越し費用を安く抑えることができるのです

引越しを少しでも安くするなら業者を比較して相見積もりを出そう!

引越し料金を安く抑える方法まとめ
  • 引越し業者比較サイトで一括見積りを出す
  • 相見積もりを出して一番安いところを選ぶ
  • 引越しが安くなる時期を選ぶ
  • 安いプランを利用する

引越し料金はできるだけ安く抑えたいものです。しかし、安いだけでひどい引越し業者にあたってしまったら、ガッカリしてしまいますね。

引越し業者比較サイトを利用すると、口コミや評判、ランキングもチェックできるので、おすすめの引越し業者がわかります

おすすめの引越し業者の中から数社選び、一括見積りを出すこともできるのです。概算見積り額がわかったら、今度は自宅に来てもらって相見積もりを出して比較しましょう。引越し料金だけでなく、スタッフの対応やサービスの内容を比較し、最適な引越し業者を選ぶのがベストです。

引越しは、ちょっとしたコツをつかむと、さらに安くすることができます。余裕を持って計画を立てて、賢く引越しできるようにしたいものですね。

業者名オススメ度おすすめポイント提携引越し
業者の数
割引率
第1位
★★★★★電話番号の入力をせずに見積りが出せる約70社最大50%
第2位
★★★★☆赤帽の料金も比較できる唯一の引越し業者比較サイト約130社最大50%
第3位
★★★☆☆約300社の中から見積りが出せる約300社最大50%
The following two tabs change content below.
アバター
32歳の引越し業者専門ライター。私自身も引越しマニアで過去5回、引越し経験があります。引越し料金を安くする方法について熟知しています。

<私の引越し歴>
1回目(2010年11月)東京都新宿区→神奈川県川崎市
2回目(2013年01月)神奈川県川崎市→東京都渋谷区
3回目(2015年05月)東京都渋谷区→兵庫県神戸市
4回目(2019年01月)兵庫県神戸市→大阪府大阪市
5回目(2020年07月)大阪府大阪市→大阪府豊中市
引越しの教科書